学生プロダクツ | TDU音研

学生プロダクツ

修士研究

学部で学んだ知識や経験を元に、後輩の指導や最先端技術の研究をしています。
また、国内外の学会発表も積極的に行っています。
accessaccess

卒業研究

それまで得た知識や技能を基礎として、実践的かつ専門的なテーマについての総合的な研究開発能力、プロジェクトにおけるコミュニケーション能力、道具を扱う能力などを身につけています。
accessaccess

基礎プロジェクト

研究の導入として、各々先輩のテーマの下につき研究のための勉強や発表の練習を行っています。
accessaccess

情報環境プラクティス

実験のやり方やレポート書き方の演習授業として、信号処理を用いた身体運動の解析を行っています。またiPhoneのアプリケーションの開発の方法について、計測に使用したアプリケーションを例に学んでいます。

DSC_0546DSC_1916

ワークショップ

新入生を対象に、音響学の導入過程として、耳かけマイクによるバイノーラル録音・再生技術を通した“立体的な音”について理解や聴く能力を得るためのワークショップを実施しています。
access
access

勉強会

本研究室では、二つの勉強会を実施しています。

  • 英語勉強会”Survival English”
    修士の国際学会参加に必要な英語能力をつけるために始まった”Survival English”。
    現在は、デジタル信号処理のバイブルといわれるAlan V. Oppenheimの「Discrete-time Signal Processing」を輪講形式で和訳をしています。

 

ページのトップへ戻る