【サッカーU-24日本代表 テレビ放送予定】3月29日開催のSAISON CARD CUP 2021、U24日本代表vsU24アルゼンチン代表のTV放送・中継予定、キックオフ時間を紹介 【北九州市小倉北区】続報!3月29日にミクスタで行われる「U-24日本代表国際親善試合」の対戦相手はアルゼンチン代表です。テレビ放送もありますよ!! U-24日本代表vsU-24アルゼンチン代表|3月29日のテレビ(TV)放送予定 【3月29日】U-24日本代表vsU-24アルゼンチン代表の日程&放送予定|東京五輪世代が激突 2021年3月29日(月)に北九州スタジアム(ミクスタ)で行われるサッカー「U-24日本代表国際親善試合」ですが、対戦相手はアルゼンチン代表です。 U-24アルゼンチン代表は、オリンピック南米予選を1位で通過して東京オリンピックの出場権を獲得しているそうです。 『SAISON CARD CUP 2021』U-24日本代表vsU-24アルゼンチン代表が、2021年3月29日に北九州スタジアムで開催される。 今回はU-24日本代表vsU-24アルゼンチン代表の試合日程、キックオフ時間、テレビ放送予定を紹介していく。 3月26日に東京スタジアムで対戦した両者は、中2日を経て北九州スタジアムで再び顔を合わせる。第1戦は前半のアドルフォ・ガイチの先制弾が決勝点となり、U-24アルゼンチン代表が1-0で勝利した。 リベンジを目指すU-24日本代表は南米王者相手にどんな戦いを見せてくれるのだろうか。 3月29日に行われるU-24日本代表vsU-24アルゼンチン代表は、地上波での放送がない。試合はBSとネットで視聴することが可能だ。BSはBS朝日、ネットはTver(ティーバー)でライブ中継・配信される。 2020(東京五輪)男子サッカーに出場する開催国・U-24日本代表と南米予選1位のU-24アルゼンチン代表が、3月29日に再び対戦する。26日は1-0でアルゼンチンに軍配。日本は東京スタジアムの借りを北九州スタジアムで返せるか。ここでは放送予定、見どころを紹介。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により1年延期となった東京五輪。男子サッカーは各国のU-24代表が開催国・日本に集い、金メダルを目指すことになる。1968年メキシコシティ五輪の銅以来となるメダル獲得を目指す日本にとって、南米予選を1位で通過したアルゼンチンとの強化試合は、実力を試す絶好の機会だ。26日に東京スタジアムで行われた試合は0-1で黒星。スコアだけ見ればわずか1点差ながら、南米の強豪が存分に実力を示す試合となった。同じ相手と短期間に二度対戦することで、第1戦で明らかになった課題をどれだけ修正できているか。日本にとって第2戦は、重要な試金石となる。 一方アルゼンチンにとっても世界的な渡航制限の中、東京五輪開催国で試合を行えることは大きなメリットだ。今回のU-24代表には東京五輪のオーバーエイジ枠候補、GKヘレミアス・レデスマを帯同。第1戦でフル出場させるなど、その本気度がうかがえる。 U-24日本代表は29日、北九州スタジアムで行われるSAISON CARD 2021でU-24アルゼンチン代表と対戦する。26日に行われた1戦目では0-1と完封負けを喫したが、横内昭展率いるチームは果たしてどのようなパフォーマンスを披露するだろうか。 U-24日本代表は29日、北九州スタジアムで行われるSAISON CARD 2021、U-24アルゼンチン代表との2戦目に挑む。 26日に行われた第1戦は、前半に長身FWアドルフォ・ガイチに先制点を献上。後半は相手陣内でプレーする時間が多かったものの、南米の強豪にうまく時間を進められ1点も奪えずと、世界と戦う上での「課題」が見つかった。迎える29日のゲームでは1戦目の反省をどう生かし、結果に繋げるかが注目点となる。 26日の試合から中2日で迎えるゲームということで、メンバーの入れ替えは当然あるだろう。今回は、そうした点を踏まえスタメン案を考えていきたい。システムは1戦目と同じく4-2-3-1を予想する。 GKは鹿島アントラーズでクォン・スンテからポジションを奪った沖悠哉でどうだろうか。年代別日本代表での経験が決して豊富とは言えないが、最後尾からビルドアップに加わることができる足元の技術が武器と、現代のGKに求められる能力を高いレベルで備えている。ぜひチェックしておきたい選手だ。 右センターバックは瀬古歩夢。最終ラインからチャンスにつなげる正確なフィードが持ち味な選手で、対人戦の強さも着実に向上している。そして何より熱いハートの持ち主で負けん気も強いので、タフなアルゼンチンの選手ともバチバチ戦ってくれるはずだ。 左センターバックは町田浩樹。左利きで身長190cmと、日本代表にとって貴重な存在である。ただ、所属する鹿島で好パフォーマンスを披露しているとは言い難い。そのためやや不安な部分もあるのが事実だが、それを裏切るほどのアピールに期待したい。 右サイドバックは今季より清水エスパルスでプレーする原輝綺だ。同ポジションの菅原由勢ほど攻撃的な選手ではないが、ビルドアップ能力が非凡で対人守備にも定評がある。清水でも右サイドを主戦場として奮闘しているだけに、代表チームでも長い時間見ておきたいところだ。 そして左サイドバックには最年少招集となった17歳の中野伸哉を推す。身長167cmと小柄であるが1対1で粘り強く戦える選手で、ポジショニングや足元の技術といった部分の質も良い。何より戦術理解度が高く、試合の中でやるべきことをしっかりと、それもレベル高く遂行できる点が大きな魅力。経験地の少なさはやはり否めないが、先発に抜擢して面白い存在であることは間違いない。 ダブルボランチの一角は田中碧でいいだろう。第1戦目は昨年行われたAFC U-23選手権での一発退場があったため出場停止となっていたが、恐らく多くの人が「見たい」と思った選手。所属する川崎フロンターレでの好調ぶりからしても相当期待できるが、果たしてそれに応えるだけのプレーを見られるだろうか。 田中駿汰が負傷離脱したため、田中碧と中盤コンビを組むのは第1戦でも出場した中山雄太になるだろうか。このチームのリーダーであり、海外やA代表での経験値を考えても重要な存在であることは間違いない。ただ、U-24アルゼンチン代表との1戦目では低調だった。今回はそこからの修正に期待したい。 1戦目で三好康児がやや空回りしてしまった右サイドハーフは相馬勇紀でどうだろうか。26日の試合では途中出場ながら鋭い突破からチャンスを作るなど、怖さを示していた。所属する名古屋グランパスでは左サイドが主戦場だが、相馬の緩急を活かした突破が右サイドでは活きない、ということはまずないはずだ。 トップ下は1戦目でフル出場し非凡なパフォーマンスを示した久保建英でももちろん良いが、万全なコンディションで2戦目を迎えられるかは不透明なため、リオ・アヴェ所属の食野亮太郎が入ることになるだろうか。ただ、同選手はここまでインパクトを残せておらず、期待値はそこまで高くない。東京五輪メンバーに生き残るためにも、わかりやすい結果を出す必要があるだろう。 左サイドハーフは引き続き三笘薫を推す。1戦目は期待外れの結果に終わったかもしれないが、失格の烙印を押すほど酷いパフォーマンスだったわけではない。とくに今回は、動きを見逃さず鋭く正確なパスを送り出せる田中碧の中盤底での出場が濃厚。川崎Fでも共にプレーするMFとの息がここでも合ってくれば、よりU-24アルゼンチン代表にとって怖い存在となれるのではないだろうか。 ワントップは堂安律の負傷離脱に伴い追加招集を受けた林大地だ。最前線で2列目の選手を活かせるようなタイプではないが、ビーストの異名が示す通り、どんなに難しい体勢でボールを受けても強引にゴールへ向かうことができる積極性や泥臭さはピカイチ。U-24アルゼンチン代表のような強敵を前に結果を残せれば、東京五輪へ向けた強烈なアピールになることは間違いないだろう。 サッカーU24日本代表 プレビュー&注目選手】東京五輪世代のU-24日本代表は3月26日のSAISON CARD CUP 2021(国際親善試合)でU-24アルゼンチン代表に0-1で敗戦。続く29日にもアルゼンチンと再戦する。 中2日でのリマッチ。そして、3試合で勝ち上がりを決める東京五輪のグループリーグを想定するなら「次、負けたらオリンピックだと予選敗退になる」(田中碧)第2戦。ミクニワールドスタジアム北九州で開催されるU-24アルゼンチン代表との試合は、U-24日本代表にとって修正力が試される一戦となる。 初戦では随所で力の差を見せつけられた。球際の強さやセカンドボールの回収、組織的な守備に鋭いカウンター。強豪・アルゼンチンの試合巧者なゲーム運びに、日本は最後まで1点を奪うことができなかった。 そこからの改善という点では、まずフィジカル面の差は一朝一夕で埋まるほど簡単ではない。メンタルが影響する部分で多少の変化はあるかもしれないが、そこですべてを上回るというのは無理な話だ。 一方で、セカンドボールの奪い合いや組織的な守備を崩す方法はいくつもある。初戦の後半に幅を使って攻撃を展開できたように、ボールの動かし方をスムーズにすれば敵陣に侵攻していくことは可能だ。あとは前線に入った後のコンビネーション。前回はそこでドリブルでしか活路を見出せなかっただけに、今回はバイタルエリア以降の崩しの改善が必要になる。スタメン出場した三好康児は相手を見て戦う必要性を説いている。 「大前提として個人の球際や一対一で負けないところは、それぞれが伸ばさないといけない。そのうえで、やはり日本代表としてのやり方の部分、どうやってボールを動かして組織力でどう上回っていくか。そこのすり合わせはもっと必要になる。相手の特徴やスタイルを試合の中でチームとしてつかんで、守備のところも攻撃のところも相手のウィークポイントを探し、どこが空いてくるかを共有することが大事。そこの考え方はもっと全員が身につけなければいけないと思う」 細かく見れば距離感や前線のプレッシングなど改善点はいくつもあるが、チームとして個々の特徴を活かしつつ組織力で相手を上回れるかが、アルゼンチン撃破のポイントとなる。  また、注目されるのは第2戦でどんなメンバーを起用するのか、システムは変更するのか、という点だ。田中駿汰の離脱以外、練習に参加しないほどのケガ人は出ていないが、中2日のゲームとあってコンディションにバラつきがあるのは仕方がない。むしろ、そういう中で試合を続ける東京五輪を想定するならば、ここでのメンバー選考は重要になってくる。 本大会のシミュレーションと捉えると、大きなメンバー変更はないと予想する。4バックならば、前回のメンバーが中心となりボランチに出場停止明けの田中碧、最終ラインに瀬古歩夢が入る程度の変更か。コンディション面が気になる久保建英がスタメンを外れるなら、三好が中央へとスライドし、右サイドに食野亮太郎や林大地が入るパターンもあるだろう。 3バックを試すならば、左のワイドに相馬勇紀が入り、シャドーは三笘薫が外れて久保と三好のコンビに。3枚のCBには瀬古が入る形となるか。いずれにしてもコンディションを踏まえながら、選手交代を含めて90分トータルで考えていくことが勝利への近道となる。 その中でも、期待したいのは田中碧だ。ボランチの一角に入ることが予想される田中碧は、豊富な運動量を武器に広範囲に動き回る力を持つ。ビルドアップにおける最終ラインとの絡みだけでなく、2列目の選手と近い距離感でプレーすることも可能。攻守に顔を出すことでリズムに変化を加えたいところだ。 「2列目の選手は、遠い距離より近い距離でプレーしたほうが活きる選手たちだと見ていて感じた。そこの距離感や三角形を作る動き、孤立させないサポートなど、そういう部分は非常に重要にはなると思う。ただ、アルゼンチンもすごくコンパクトで堅いブロックを作っていたので、サイドから行くことも必要。もちろん外周りになり過ぎると、それはそれで崩せないので、まずは中央を見せてよりコンパクトにさせたうえで外など、そこの動かしをより意識してやっていきたい」(田中碧) 前回の試合を見て感じたが、このタイミングで強豪・アルゼンチンと対戦できる意味は大きい。いま持てる力をすべてぶつけることで勝利を手にしたい。