研究業績 | TDU音研

研究業績

著書

  1. 伊勢史郎. “知の場の理論 -身体論の音響学的アプローチ-”. 有明双書, 2013.
  2. 伊勢史郎, 西村正治, 宇佐川毅. “アクティブノイズコントロール”. コロナ社, 2006.
  3. 伊勢史郎. “快感進化論 -ヒトは音場で進化する-”. 現代書館, 2003.
  4. 伊勢史郎, 高橋大弐, 河井康人, 小口恵司, 石田康二, 古賀貴士, 大鶴徹, 高根昭一, 忠平好生, 堀之内吉成, 佐久間哲哉, 阪上公博, 増田潔. “室内音場予測手法 -理論と応用-”. 丸善, 2001.
  5. 伊勢史郎, 鹿野清宏, 中村哲. “音声・音情報のディジタル信号処理”. 昭晃堂, 1997.

学術論文

  1. Akira Omoto, Shiro Ise, Yusuke Ikeda, Kanako Ueno, Seigo Enomoto and Maori Kobayashi, Sound field reproduction and sharing system based on the boundary surface control principle,Acoustical Science and Technology,Vol.36,No.1,pp.1-11,2015.1. .
  2. 渡邉祐子,吉田飛里,池田雄介,伊勢史郎、没入型聴覚ディスプレイ装置を用いた音場シミュレータの開発、日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol.20,No.1,pp.45-53,2015.3.
  3. Maori Kobayashi, Kanako Ueno, Shiro Ise, “The effects of spatialized sounds on the sense of presence in auditory virtual environments: a psychological and physiological study”, Presence, Vol. 24, No. 2 Spring 2015, pp.163–174, 2015.
  4. 正則化パラメータに着目した多チャネル逆システムの最適化設計法
    李 容子 , 伊勢 史郎
    日本音響学会誌 69(6), 276-284, 2013-06-01
  5. 複数の演奏空間をネットワーク接続する「音響樽」の実現
    伊勢 史郎 , 池田 雄介
    計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers 51(12), 1110-1115, 2012-12-10
  6. Akira Omoto, Shiro Ise, Yusuke Ikeda, Kanako Ueno, Seigo Enomoto and Maori Kobayashi, Sound field reproduction and sharing system based on the boundary surface control principle,Acoustical Science and Technology,Vol.36,No.1,pp.1-11,2015.1.
  7. Yoko LEE, Seigo ENOMOTO, Yusuke IKEDA, Satoshi NAKAMURA, and Shiro ISE. “Influence of the presence of a human head in the controlled area in the three-dimensional sound field recording and reproduction system based on the boundary surface control principle: Objective examination”. Acoustical Science and Technology, Vol. 33, No. 3, pp. 190-192, 2012.
  8. 仲島崇博, 金慎也, 井本桂右, 伊勢史郎. “Active Noise Reflection Unit (ANRU)の騒音低減効果における物理的な振る舞いに関する検討”. 日本音響学会誌, Vol. 65, No. 9, pp. 461-468, 2009.
  9. Makoto Otani, Tatsuya Hirahara, and Shiro Ise. “Numerical study on source distance dependency of head-related transfer functions”. J. Acoust. Soc. Am., Vol. 125, No. 5, pp. 3253-3261, 2009.
  10. 大谷真, 平原達也, 伊勢史郎. “凡空間型動的聴覚ディスプレイ”. 日本バーチャルリアリティ学会誌, Vol. 12, No. 4, pp. 453-459, 2007.
  11. 大谷真, 平原達也, 伊勢史郎. “水平面上の頭部伝達関数の距離依存性の数値的検討”. 日本音響学会誌, Vol. 63, No. 11, pp. 646-657, 2007.
  12. 仲島崇博, 伊勢史郎. “遠距離場で騒音を低減するアクティブ防音塀”. 日本音響学会誌, Vol. 63, No. 10, pp. 577-584, 2007.
  13. T. Nakashima and S. Ise. “A theoretical study of the discretization of the boundary surface in the boundary surface control principle”. Acoust Sci. and Tech., Vol. 27, No. 4, pp. 199-205, 2006.
  14. Makoto Otani and Shiro Ise. “Fast calculation system specialized for head-related transfer function based on boundary element method”. J. Acoust. Soc. Am., Vol. 119, No. 5, pp. 2589-2598, 2006.
  15. 大谷真, 伊勢史郎. “反射音を含む音場の可聴化に適した両耳信号の数値解析手法”. 日本音響学会誌, Vol. 62, No. 6, pp. 425-432, 2006.
  16. 岡田耕介, 川口孝幸, 榎本成悟, 伊勢史郎. “コンパクトな没入型聴覚ディスプレイの試作と評価”. 日本音響学会誌, Vol. 62, No. 1, pp. 32-41, 2006.
  17. 榎本成悟, 伊勢史郎. “境界音場制御の原理を用いた収音範囲の局所化を実現するマイクロホンシステムの提案”. 日本音響学会誌, Vol. 61, No. 9, pp. 516-523, 2005.
  18. Shiro Ise. “The boundary surface control principle and its applications”. IEICE TRANS. FUNDAMENTALS, Vol. E88-A, No. 7, pp. 1656-1664, 2005.
  19. Seigo Enomoto and Shiro Ise. “A proposal of the directional speaker system based on the boundary surface control principle”. Electronics and Communications in Japan, Part 3, Vol. 88, No. 2, pp. 1-9, 2005.
  20. 榎本成悟, 伊勢史郎. “境界音場制御の原理を用いた指向性スピーカシステムの提案”. 電子情報通信学会論文誌, Vol. J87-A, No. 4, pp. 431-438, 2004.
  21. Makoto Otani and Shiro Ise. “A fast calculation method of the head-related transfer functions for multiple source points based on the boundary element method”. Acoust Sci. and Tech., Vol. 24, No. 5, pp. 259-266, 2003.
  22. 榎本成悟, 伊勢史郎. “多重極展開を用いた急峻な距離減衰特性を持つマイクロホンシステムの提案”. 日本音響学会誌, Vol. 58, No. 5, pp. 261-270, 2002.
  23. 渡部眞徳, 高野靖, 高津恭, 寺坂英俊, 伊勢史郎. “ジェットファン騒音に対するアクティブノイズコントロールの適用検討”. ターボ機械, Vol. 29, No. 6, pp. 349-354, 2001.
  24. 神沼充伸, 伊勢史郎, 鹿野清宏. “周波数領域における最小ノルム解を利用した多チャンネル音場再現システムにおける逆フィルタの設計”. 日本音響学会誌, Vol. 57, No. 3, pp. 175-183, 2001.
  25. 神沼充伸, 伊勢史郎, 鹿野清宏. “受聴者の頭部の動きを考慮した多チャンネル音場再現システム”. 日本バーチャルリアリティ学会誌, Vol. 5, No. 3, pp. 957-964, 2000.
  26. S. Ise. “A principle of sound field control based on the kirchhoff-helmholtz integral equation and the theory of inverse systems”. Acustica, Vol. 85, pp. 78-87, 1999.
  27. 伊勢史郎. “キルヒホッフ-ヘルムホルツ積分方程式と逆システム理論に基づく音場制御の原理”. 日本音響学会誌, Vol. 53, pp. 706-713, 1997.
  28. S. Ise and H. Tachibana. “Active sound absorber using adaptive signal processing”. J. Acoust. Soc. Jpn., Vol. 17, No. 6, pp. 305-310, 1996.
  29. 伊勢史郎, 坂本慎一, 橘秀樹. “境界要素法によるアクティブモード制御の解析”. 日本音響学会誌, Vol. 51, No. 1, pp. 25-33, 1995.
  30. S. Ise and H. Tachibana. “Active noise control by sound intensity sensing”. J. Acoust. Soc. Jpn., Vol. 14, No. 5, pp. 365-367, 1993.
  31. S. Ise, H. Yano, and H. Tachibana. “Basic study on active noise barrier”. J. Acoust. Soc. Jpn., Vol. 12, No. 6, pp. 299-306, 1991.
  32. 伊勢史郎. “建築音響におけるアクティブノイズコントロール”.
    PhD thesis, 東京大学, 12 1990.

国際学会論文

  1. Kanako Ueno, Maori Kobayashi, Haruhito Aso, Shiro Ise , “Three-dimensional sound field simulation using the immersive auditory display system “Sound Cask” for stage acoustics”, The International Symposium on Musical and Room Acoustics, La Plata, Argentina, 2016.09
  2. Yusuke IKEDA “Design of Inverse Filters for Multi-channel DirectivityReproduction of a Sound Source -Application to Telecommunication System Using Sound Casks-”, 7th Forum Acusticum 2014, Krakow, Poland, 2014.09.
  3. Syunya KOHNO “Acoustic Feedback Canceller for the Three-dimensional Sound Field Simulator Using a ‘Sound Cask’”, 7th Forum Acusticum 2014, Krakow, Poland, 2014.09.
  4. Maori Kobayashi, Kanako Ueno, Yusuke Ikeda, and Shiro Ise. “trials for subjective evaluation of auditory virtual environment”.
    Proc. JSST 2013 International Conference on Simulation Technology,Meiji Univ., 9 2013.
  5. Yusuke Ikeda and Shiro Ise. “sound cask: Music and voice communication system with three-dimensional sound reproduction based on boundary surface control principle”.
    Proc. ICA/Proceedings of Meetings on Acoustics/ICA, Acoustical Society of America,Montreal, 6 2013.
  6. Maori Kobayashi, Kanako Ueno, Mai Yamashita, Shiro Ise, and Seigo Enomoto. “subjective evaluation of a virtual acoustic system: Trials with three-dimensional sound field reproduced by the `sound cask’ sound field sharing system based on boundary surface control principle”.
    Proc. ICA/Proceedings of Meetings on Acoustics/ICA, Acoustical Society of America,Montreal, 6 2013.
  7. Yusuke Ikeda and Shiro Ise. “sound cask – a new dimension of the sound reproduction based on the boundary surface control -”.
    In AES Japan Section Conference in Sendai 2012, 10 2012.
  8. S. Enomoto, Y. Ikeda, S. Ise, and S. Nakamura. “sound field sharing system based on boundary surface control principle”.
    In Proc. of The 40th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering (INTER-NOISE 2011), 9 2011.
  9. K. Matsuoka, S. Ise, S. Enomoto, Y. Ikeda, and S. Nakamura. “A subjective evaluation of source location for boundary surface control (BoSC) system”.
    In Proc. of The 40th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering (INTER-NOISE 2011), 9 2011.
  10. S. Ise. “Development of a sound field sharing system for creating and exchangin music.”.
    In Proc. of JST Workshop conjunction with IEEE VR2011, 3 2011.
  11. S. Ise. “A 3-d sound reproduction system based on boundary surface control for high-presence communication applications with soundfield sharing.”.
    In Proc. of 40th International AES Conference, 3-D sound Workshop, 10 2010.
  12. S. Ise, K. Imoto, and T. Nakashima. “A study on the practical use of the anru (active noise reflection unit)”.
    In Proc. of The 39th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering (INTER-NOISE 2010), pp. 1071-1075, 2010.
  13. K. Imoto, T. Nakashima, S. Kim, and S. Ise. “Observation of sound energy flow around active noise reflection unit (anru)”.
    In Proc. of The 37th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering (INTER-NOISE 2008), pp. in08-0669, 2008.
  14. S. Enomoto, Y. Ikeda, S. Ise, and S. Nakamura. “Synthesis of wave front in the sound field recording/reproduction system based on the boundary surface control principle”.
    ASA-EAA joint conference Acoustics’08 Paris, 2008.
  15. S. Enomoto, Y. Ikeda, S. Nakamura, and S. Ise. “Three-dimensional sound field reproduction and recording system based on boundary surface control principle”.
    In Proc. of the 14th International Conference on Auditory Display, 2008.
  16. Akira OMOTO, Shiro ISE, Kanako Ueno, Hisaharu Suzuki, and Yuko Watanabe. “A proposal of interactive sound entertainment space driven by cooperative body motions”.
    In Proc. of Japan-China Joint Conference on Acoustics, 6 2007.
  17. S. Ise. “Two approaches to the realization of 3d sound field reproduction -real and virtual-”.
    In 3rd 3D Virtual Sound Workshop 2007, pp. 65-81, 12 2007.
  18. S. Ise, M. Toyoda, S. Enomoto, and S. Nakamura. “The development of the sound field sharing system based on the boundary surface control principle”.
    In 19th International Conference on Acoustics, pp. ELE-04-003, 9 2007.
  19. S. Kim, T. Nakashima, and S. Ise. “Experimental study of the Active Noise Reflection Unit (ANRU)”.
    In Proc. of The 36th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering (INTER-NOISE 2007), pp. in07-419, 8 2007.
  20. S. Ise, M. Toyoda, S. Enomoto, and S. Nakamura. “An attempt of sound field sharing system for profound communication”.
    In Proc. of First International Symposium on Universal Communication, pp. 274-277, 6 2007.
  21. M. Otani and S. Ise. “Numerical calculation method of binaural signals suitable for auralization of a reflective sound field”.
    In J. Acoust. Soc. Am., Vol. 120 (5), p. 3095, 12 2006.
  22. T. Nakashima and S. Ise. “Experimental study of the active noise control which creates a reflecting surface in a space”.
    In Proc. of The 35th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering (INTER-NOISE 2006), pp. in06-374, 12 2006.
  23. S. Ise, K. Ueno, and M. Otani. “Learning of sound source search by voluntary action in a virtual acoustic space”.
    In Proc. of Forum Acusticum Budapest 2005 Official Publication, pp. 1641-1644, 8 2005.
  24. S. Ise and A. Sugimoto. “Experimental study on a sound shading system for office environment”.
    In Proc. of The 33rd International Congress and Exposition on Noise Control Engineering (INTER-NOISE 2004), p. 726, 8 2004.
  25. T. Nakashima and S. Ise. “Active noise barrier aiming at the noise reduction in far field”.
    In Proc. of The 33rd International Congress and Exposition on Noise Control Engineering (INTER-NOISE 2004), p. 726, 8 2004.
  26. S. Ise. “Study on an effect of the tacit knowing in the sound image localization – experimental study using acoustical vr system”.
    In International Symposium on Room Acoustics: Design and Science 2004, p. V03, 4 2004.
  27. T. Nakashima and S. Ise. “Active noise barrier for far field noise reduction”.
    In 18th International Conference on Acoustics, pp. III 2161-2164, 4 2004.
  28. Makoto Otani and Shiro Ise. “A fast calculation system specialized for the HRTF based on the BEM”.
    In 18th International Conference on Acoustics, pp. II 1441-1444, 4 2004.
  29. Seigo Enomoto and Shiro Ise. “A directional speaker array system base on the boundary surface control principle”.
    In 18th International Conference on Acoustics, pp. I.741-I.744, 4 2004.
  30. H. Nagamatsu, S. Ise, and K. Shikano. “Behaviour of the secondary sources and examination of the sound energy for active noise barrier”.
    In FORUM ACUSTICUM SEVILLA 2002 OFFICIAL PUBLICATION, pp. ELE-01-004-IP, 2002.
  31. T. Nakashima, K. Kagoshima, and S. Ise. “The active reflecting surface for an opening window”.
    In Proc. of Forum Acusticum Sevilla 2002 Official Publication, pp. ELE-01-001-IP, 2002.
  32. S. Ise and M. Otani. “Real time calculation of the head related transfer function based on the boundary element method”.
    In Proc. of the 2002 International Conference on Auditory Display, 2002.
  33. Shiro Ise and Seigo Enomoto. “A principle of the near field microphone based on kempton’s suggestion and the reciprocity theorem”.
    In 17th International Conference on Acoustics, p. No. 5B.06.02, 2001.
  34. Shiro Ise. “Active noise control for high order modes in a duct based on the boundary surface control principle”.
    In Proc. of The 30th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering (INTER-NOISE 2001), p. Paper No. 684, 2001.
  35. Shiro Ise. “Practical aspect of the active noise control and its possibility”.
    In Proc. of The 30th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering (INTER-NOISE 2001), p. Paper No. 683, 2001.
  36. Koichi Morita, Takafumi Fujita, Shiro Ise, Ken’ichi Kawaguchi, Takayoshi Kamada, and Hideo Fujitani. “Development and application of induced strain actuators for building structures”.
    In SPIE 8th Annual International Symposium on Smart Structures and Materials, pp. 4330-4351, 2001.3.
  37. S. Enomoto and S. Ise. “A proposal of a microphone system with steep sound attenuation in distance based on the multipole expression”.
    In Proc. of the seventh Western Pacific Regional Acoustics Conference, pp. 461-464, 2000.
  38. M. Otani and S. Ise. “Numerical calculation of the head related transfer function by using the boundary element method”.
    In Proc. of the seventh Western Pacific Regional Acoustics Conference, pp. 305-308, 2000.
  39. T. Nakashima and S. Ise. “Generalized expression of quiet zone controled by multiple loudspeakers”.
    In Proc. of the seventh Western Pacific Regional Acoustics Conference, pp. 541-544, 2000.
  40. A. Kaminuma, S. Ise, and K. Shikano. “Robust sound-reproduction-system design against the head movement”.
    In Proc. of the seventh Western Pacific Regional Acoustics Conference, pp. 585-594, 2000.
  41. H. Nagamatsu, S. Ise, and K. Shikano. “Optimum arrangement of secondary sources and error sensors for active noise barrier”.
    In Proc. of The 29th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering (INTER-NOISE 2000), pp. 1733-1738, 2000.
  42. A. Kaminuma, S. Ise, and K. Shikano. “A method of designing inverse system for multi-channel sound reproduction-system using least-norm-solution”.
    In Proc. of ACTIVE 99, pp. 863-874, 1999.
  43. H. Nagamatsu, S. Ise, and K. Shikano. “Numerical study of active noise barrier based on the boundary surface control principle”.
    In Proc. of ACTIVE 99, pp. 585-594, 1999.
  44. S. Ise and K. Shikano. “The superposition principle with regard to the multi-channel adaptive filter”.
    In Proc. of The 27th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering (INTER-NOISE 1998), p. Paper Number 314, 1998.
  45. S. Ise and H. Tachibana. “Active noise barrier based on the boundary surface control”.
    In Proc. 16th ICA and 135th Meeting ASA, pp. 103-104, 1998.
  46. S. Sakamoto, S. Ise, and H. Tachibana. “Analysis of active mode control by the boundary element method”.
    In ACTIVE 95, pp. 549-560, 1995.
  47. S. Ise and H. Tachibana. “Active non-reflectional termination using adaptive signal processing”.
    In ACTIVE 95, pp. 407-412, 1995.
  48. S. Ise. “Theory of the sound field reproduction based on the kirchhoff-helmholtz integral equation”.
    In 15th International Conference on Acoustics, pp. 85-88, 1995.
  49. S. Ise. “The sound field reproduction by controlling the pressure and the particle velocity”.
    In INTERNATIONAL WORKSHOP ON HUMAN INTERFACE TECH. 94, pp. 61-66, 1994.
  50. S. Sakamoto, S. Ise, and H. Tachibana. “Experimental and fem analysis on active noise control applied to a multiple chamber duct system”.
    In Proc. of The 23th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering (INTER-NOISE 1994), pp. 1397-1400, 1994.
  51. S. Ise. “Theory of acoustic impedance control for active noise control”.
    In Proc. of INTER-NOISE 94, pp. 1339-1342, 1994.
  52. Y. W. Kim, S. Ise, H. Yano, and H. Tachibana. “Experimental study on active vibration and noise control for pipe system in buildings”.
    In Korea-Japan Joint Symposium on Acoustics, pp. 131-134, 8 1991.
  53. S. Ise, H. Yano, and H. Tachibana. “Application of active control to sound insulation of building walls”.
    In Proc. of The 20th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering (INTER-NOISE 1991), pp. 625-628, 1991.
  54. S. Ise, H. Yano, and H. Tachibana. “Application of active control to noise barrier”.
    In International Symposium on Active Control of Sound and Vibration, pp. 309-314, 4 1991.

国内学会論文

  1. 伊勢 史郎,木村 和基,渡邉 祐子”音響樽による 22.2ch オーディオ制作のためのバーチャルミキシングルームの提案”,日本音響学会講演論文集, pp.431-432,3,2017
  2. 中村 智咲季,伊勢 史郎,渡邉 祐子”音像定位実験による音場再現システムの性能評価に関する検討”,日本音響学会講演論文集,pp,427-428,3,2017
  3. 吉田飛里,北川雄一,渡邉祐子, 伊勢史郎 “音響樽を用いた音場共有システムの実現と室内音響指標による評価”,日本音響学会講演論文集, pp,575-578,3.2016.
  4. 唐津佑宜, 池田雄介,渡邉祐子, 伊勢史郎 “音場共有システムにおける指向性を含めた音源の収音方法に関する実験的検討”, 日本音響学会講演論文集,pp,571-574. 3.2016.
  5. 北川雄一,伊勢史郎 “多チャンネル音場制御のための低遅延畳み込みアルゴリズムの実装とその性能評価”, 日本音響学会講演論文集, pp.579-580,3.2016.
  6. 永井篤,沼上祥子,池田雄介,渡邉祐子,伊勢史郎,上野佳奈子 “音響樽による二者間バーチャル卓球システムの開発”, 日本音響学会,pp,793-794. 3.2016.
  7. 金子雅彦, 池田雄介,渡邉祐子, 伊勢史郎 “3Dネットワークオーディオのためのデータベースシステムとユーザインターフェースの開発”, 日本音響学会,pp,797-798.32016.
  8. 吉田飛里,北川雄一,渡邉祐子, 伊勢史郎 “FPGAを用いた低遅延畳み込み演算の実現と音場共有システムへの応用”,日本音響学会,pp,515-518.9. 2015.
  9. 唐津佑宜, 内海覚,渡邉祐子, 伊勢史郎 “境界音場制御の原理に基づく没入型聴覚ディスプレイの小型化の試み-カプセル型オーディオルームの提案-”, 日本音響学会,pp.511-514.9.2015.
  10. 渡邉祐子, 吉田飛里, 河野峻也, 池田雄介, 伊勢史郎 “没入型聴覚ディスプレイ”音響樽”による音場シミュレータの 実現と室内音響指標による評価ーフィードバック抑制効果の検証ー”,日本音響学会,pp.1061-1062.3. 2015.
  11. 河野峻也,井上裕介, 池田雄介, 渡邉祐子, 伊勢史郎 “没入型聴覚ディスプレイ”音響樽”を用いた音場シミュレータにおけるフィードバックの抑制”, 日本音響学会,pp.653-654.3.2015.
  12. 伊勢史郎 “没入型聴覚ディスプレイ装置”音響樽”における逆システム設計法の検討”, 日本音響学会, pp.591-594.9.2014.
  13. 伊勢史郎 “音楽の技能を遠隔伝送するための没入型聴覚デイスプレイ装置”音響樽”の開発”, 日本音響学会, pp.1287-1290.9.2014.
  14. 伊勢史郎 “境界音場制御の原理に基づく音場収録・再生システムの現状と課題”, 日本音響学会, pp.891-894.9.2014.
  15. 渡邉祐子, 吉田飛里, 池田雄介, 伊勢史郎 “没入型聴覚ディスプレイ装置”音響樽”による音場シミュレータの開発-システムの構成-”, 日本音響学会, 2014.09.
  16. 吉田飛里, 渡邉祐子, 池田雄介, 伊勢史郎 “没入型聴覚ディスプレイ装置”音響樽”による音場シミュレータの開発 -ステージ音場の再現とその評価-”, 日本音響学会, 2014.09.
  17. 池田雄介, 唐津佑宜, 渡邉祐子, 伊勢史郎 “Kirchhoff-Helmholtz 積分方程式の逆問題解法による音源の指向性推定-理論とシステムの構成-”, 日本音響学会, 2014.09.
  18. 唐津佑宜, 池田雄介, 渡邉祐子, 伊勢史郎 “Kirchhoff-Helmholtz 積分方程式の逆問題解法による音源の指向性推定-実験的検討-”, 日本音響学会, 2014.09.
  19. 河野峻也,井上裕介, 池田雄介, 渡邉祐子, 伊勢史郎 “フィードバックの抑制を考慮した逆システム設計と音場共有システムへの応用”, 日本音響学会, 2014.09.
  20. 福井誠人, 小林まおり, 上野佳奈子, 小笠原圭祐, 宮寺真之介, 池田雄介, 渡邉祐子, 伊勢史郎. “身体運動と相互作用する三次元音場再生システムの構築-バーチャル卓球の開発に向けた基礎実験-”. 日本音響学会講演論文集, pp. -, 9 2013.
  21. 小笠原圭祐, 宮寺真之介, 池田雄介, 渡邉祐子, 伊勢史郎. “身体運動と相互作用する三次元音場再生システムの構築-システムの基本構成-”. 日本音響学会講演論文集, pp. -, 9 2013.
  22. 小林まおり, 上野佳奈子, 伊勢史郎. “接近感をもたらす音場の生理・心理評価−”音響樽”を用いた臨場感の解明の試み”. 日本音響学会講演論文集, pp. -, 3 2013.
  23. 山下真依, 中島宏毅, 小林まおり, 池田雄介, 榎本成悟, 上野佳奈子, 伊勢史郎. ““音響樽”の音像定位に関する実験的検討−bosc再生システム96chと62chの比較”. 日本音響学会講演論文集, pp. -, 3 2013.
  24. 松岡佳世, 前川洋志, 伊勢史郎. “多次元尺度法によるマイクロホンアレイ/スピーカアレイの配置推定法の提案”. 日本音響学会講演論文集, pp. 791-792, 3 2012.
  25. 西村昌浩, 池田雄介, 伊勢史郎. “BoSCマイクロホンによる仮想音源推定のための近接4点法の拡張アルゴリズムの提案”. 日本音響学会講演論文集, pp. 789-790, 3 2012.
  26. 長尾翼, 渡邊珠希, 池田雄介, 上野佳奈子, 伊勢史郎. “音の遅延条件がアンサンブル演奏に与える影響に関する検討”. 日本音響学会講演論文集, pp. 997-998, 3 2012.
  27. 小林まおり, 大石悠貴, 榎本成悟, 北川智利, 上野佳奈子, 伊勢史郎, 柏野牧夫. “話者の動きの音響情報は実在感を高める −立体音場再生装置を用いた検討−”. 日本音響学会講演論文集, pp. 595-596, 3 2012.
  28. 小林まおり, 大石悠貴, 榎本成悟, 北川智利, 上野佳奈子, 伊勢史郎, 柏野牧夫. “話者の動きが実在感に及ぼす効果−音場再現システムを用いた検討−”. 聴覚研究会資料, 第42-1, H-201巻, pp. 41-46, 2 2012.
  29. 森山欣昭, 李容子, 伊勢史郎. “正多角形の平面形状をもつ室の音響的な不規則性に関する研究”. 日本音響学会講演論文集, pp. 1243-1244, 3 2012.
  30. 李容子, 伊勢史郎. “境界音場制御の原理に基づく三次元音場再現システムとその逆フィルタ設計 時の正則化パラメータ決定方法”. 電子情報通信学会技術研究報告, pp. EA2011 43-49, 7 2011.
  31. 山下真依, 松岡佳世, 伊勢史郎. “BoSCシステムを用いた聴く技能の定量的評価法の検討”. 日本音響学会講演論文集, pp. 649-650, 9 2011.
  32. 伊勢史郎. “聴空間共有を実現する音響樽の構想”. 日本音響学会講演論文集, pp. 3-5-13, 9 2011.
  33. 李容子, 伊勢史郎. “境界音場制御の原理に基づく三次元音場再現システムとその逆フィルタ設計時の正則化パラメータ決定方法”. 信学技報 EA2011-49, pp. 39-44, 7 2011.
  34. 李容子, 伊勢史郎. “正則化パラメータに着目した多チャンネル逆システムの最適化設計法の検討”. 日本音響学会講演論文集, pp. 727-728, 3 2011.
  35. 伊勢史郎. “音楽を用いた創造・交流活動を支援する聴空間共有システムの開発”.
    CREST「共生社会に向けた人間調和型情報技術の構築」領域 第1回公開シンポジウム, 11 2010.
  36. 伊勢史郎. “境界音場制御の原理と展開”.
    URCF音響分科会セミナー「超臨場感実現のための高精度音場生成技術」, 10 2010.
  37. 池田雄介, 榎本成悟, 伊勢史郎, 中村哲. “境界音場制御の原理を用いた三者音場共有システム”. 日本音響学会講演論文集, 9 2010.
  38. 松岡佳世, 伊勢史郎, 榎本成悟, 池田雄介, 中村哲. “BoSC 再生システムにおける音源配置の影響とその主観評価”. 日本音響学会講演論文集, pp. 547-548, 9 2010.
  39. 井本桂右, 仲島崇博, 伊勢史郎. “anruにおける参照マイクロホンの設置に関する検討”. 日本音響学会講演論文集, pp. 709-710, 3 2010.
  40. 真田イゴル武志, 榎本成語, 池田雄介, 中村哲, 伊勢史郎.
    Application of directivity control in the BoSC recording and reproduction system. 日本音響学会講演論文集, pp. 391-392, 3 2010.
  41. 中堂敬司, 松岡佳世, 伊勢史郎, 榎本成悟, 池田雄介, 中村哲. “BoSC再生システムにおける音源配置最適化の検討”. 日本音響学会講演論文集, 3 2010.
  42. 稲田克年, 李容子, 榎本成悟, 池田雄介, 中村哲, 伊勢史郎and. “BoSC収音・再生システムにおける頭部境界条件差の影響 -心理的検討-”. 日本音響学会講演論文集, pp. 689-690, 3 2010.
  43. 李容子, 稲田克年, 榎本成悟, 池田雄介, 中村哲, 伊勢史郎. “BoSC集音・再生システムにおける頭部境界条件差の検討-物理的検討-”. 日本音響学会講演論文集, pp. 687-688, 3 2010.
  44. 上野佳奈子, 能田由紀子, 伊勢史郎. “音を聴く技能に関する脳内メカニズムの探索 −音の動きの有無による脳活動の差異−”. 日本音響学会講演論文集, pp. 565-566, 9 2009.
  45. 能田由紀子, 上野佳奈子, 伊勢史郎. “音を聴く技能に関する脳内メカニズムの探索 −音の定位学習前後の脳活動の変化−”. 日本音響学会講演論文集, pp. 563-564, 9 2009.
  46. 井本桂右, 仲島崇博, 森山欣昭, 伊勢史郎. “建築躯体に組み込み可能な新型active noise reflection unit(anru) の提案 -実環境における実験的検討-”. 日本音響学会講演論文集, pp. 1015-1016, 9 2009.
  47. 森山欣昭, 仲島崇博, 井本桂右, 伊勢史郎. “建築躯体に組み込み可能な新型active noise reflection unit(anru) の提案 -空間的コスト・煩雑さを軽減したシステムの開発-”. 日本音響学会講演論文集, pp. 1013-1014, 9 2009.
  48. 仲島崇博, 伊勢史郎. “アクティブ余波制御による真の原音忠実再生の実現 -dsp を含めたスピーカシステムの実現-”. 日本音響学会講演論文集, pp. 733-734, 9 2009.
  49. 渡邉祐子, 伊勢史郎, 上野佳奈子, 尾本章, 鈴木久晴, 武岡成人. “集団的行動によるリアリティ誘発現象における音の役割”. 日本音響学会講演論文集, pp. 1433-1436, 9 2009.
  50. 池田雄介, 榎本成悟, 伊勢史郎, 中村哲. “境界音場制御の原理を用いた3次元音場再現システムの発話方向の再現性による主観評価”. 日本音響学会講演論文集, pp. 1415-1416, 9 2009.
  51. 榎本成悟, 池田雄介, 伊勢史郎, 中村哲. “境界音場制御の原理に基づく3 次元音場再現システムによる空間を共有したコミュニケーションの実現”. 日本音響学会講演論文集, pp. 1411-1414, 9 2009.
  52. 江波戸明彦, 蛭間貴博, 伊勢史郎, 仲島崇博. “アクティブ制御による音忠実再生の研究(薄肉スピーカ筐体の音質改善検証)”. 日本機械学会第19回環境工学総合シンポジウム2009講演論文集, pp. 66-68, 7 2009.
  53. 伊勢史郎. “音を聴くことにおける能動性の及ぼす影響に関する一考察”. 日本音響学会講演論文集, pp. 1485-1488, 3 2009.
  54. 大谷真, 平原達也, 伊勢史郎, 岩谷幸雄, 鈴木陽一. “境界要素解析及び実測による実頭/個人擬似頭の頭部伝達関数の比較”. 日本音響学会講演論文集, pp. 1444-1445, 3 2009.
  55. 江波戸明彦, 蛭間貴博, 西村修, 伊勢史郎, 金慎也, 仲島崇博. “アクティブ制御技術を用いたスピーカ出力波面の時間領域整形による音質改善 −薄肉スピーカ筐体の残留波抑制効果の検証−”. 日本音響学会講演論文集, pp. 641-644, 3 2009.
  56. 伊勢史郎, 金慎也, 仲島崇博, 江波戸明彦, 蛭間貴博. “アクティブ制御技術を用いたスピーカ出力波面の時間領域整形による音質改善 −真に忠実な電気音響トランスデューサの実現とその評価手法の提案−”. 日本音響学会講演論文集, pp. 639-640, 3 2009.
  57. 渡邉祐子, 伊勢史郎, 上野佳奈子, 尾本章, 鈴木久晴. “音と身体動作の同期の可視化によるダンス技能獲得システムの開発 −他者との協調と競争を報酬とした開発事例−”. 日本音響学会建築音響研究会資料, pp. 1-6, 6 2008.
  58. 榎本成悟, 池田雄介, 伊勢史郎, 中村哲. “境界音場制御の原理を用いた音場再現システムにおける再現領域の物理的な評価”. 日本音響学会講演論文集, pp. 855-856, 3 2008.
  59. 伊勢史郎, 上野佳奈子, 尾本章, 鈴木久晴, 渡邉祐子. “音と身体動作の連関を学ぶための教育システム構築の試み”. 日本音響学会講演論文集, pp. 1489-1490, 3 2008.
  60. 金慎也, 仲島崇博, 井本桂右, 伊勢史郎. “アクティブノイズリフレクションユニットの性能評価 -anru周辺でのインテンシティ分布の測定-”. 日本音響学会講演論文集, pp. 1091-1092, 3 2008.
  61. 井本桂右, 仲島崇博, 金慎也, 伊勢史郎. “アクティブノイズリフレクションユニットの性能評価 -数値シミュレーションによる音場解析-”. 日本音響学会講演論文集, pp. 1089-1090, 3 2008.
  62. 大谷真, 平原達也, 伊勢史郎, 矢入聡, 岩谷幸雄, 戸嶋巌樹. “擬似頭の頭部伝達関数の境界要素解析と実測の比較”. 日本音響学会講演論文集, pp. 515-516, 3 2008.
  63. 大谷真, 平原達也, 伊勢史郎, 矢入聡, 岩谷幸雄, 戸嶋巌樹. “数値計算による疑似頭の頭部伝達関数と実測値の比較”. 日本音響学会聴覚研究会資料, 第37巻, pp. 861-866, 1 2008.
  64. 榎本成悟, 池田雄介, 伊勢史郎, 中村哲. “境界音場制御の原理に基づく三次元音場の収録・再現技術”. 日本音響学会聴覚研究会資料, 第37巻, pp. 879-884, 1 2008.
  65. 榎本成悟, 池田雄介, 伊勢史郎, 中村哲. “音場共有システムのための逆フィルタ設計に関する基礎的検討”. 日本音響学会講演論文集, pp. 685-686, 9 2007.
  66. 仲島崇博, 金慎也, 伊勢史郎. “建築音響におけるアクティブノイズリフレクションユニット(ANRU)の応用”. 日本音響学会講演論文集, pp. 1049-1050, 9 2007.
  67. 上野佳奈子, 伊勢史郎. “音の定位における能動的学習の効果”. 日本音響学会講演論文集, pp. 527-528, 9 2007.
  68. 土屋はるひ, 伊勢史郎, 上野佳奈子, 大谷真. “仮想聴空間における音の定位の学習が実空間での定位に及ぼす影響”. 日本音響学会講演論文集, pp. 523-524, 9 2007.
  69. 伊勢史郎, 上野佳奈子, 尾本章, 鈴木久晴, 渡邉祐子. “複数の身体が協調して音場と相互作用する空間システムの提案─全体の構想・身体運動の可聴化”. 日本音響学会講演論文集, pp. 709-710, 3 2007.
  70. 榎本成悟, 伊勢史郎, 中村哲. “境界音場制御の原理を用いた急峻な距離減衰特性を持つマイクロホンシステムの音声認識性能による評価”. 日本音響学会講演論文集, pp. 101-102, 3 2007.
  71. 榎本成悟, 豊田政弘, 伊勢史郎, 中村哲. “深いコミュニケーションを可能とする空間創造の試み─スピーカーとマイクロホンの配置に関する基礎的検討─”. 日本音響学会講演論文集, pp. 589-590, 3 2007.
  72. 豊田政弘, 榎本成悟, 伊勢史郎, 中村哲. “深いコミュニケーションを可能とする空間創造の試み─簡易型音場再現ルームの基本設計─”. 日本音響学会講演論文集, pp. 587-588, 3 2007.
  73. 伊勢史郎, 豊田政弘, 榎本成悟, 中村哲. “深いコミュニケーションを可能とする空間創造の試み─プロジェクトの基本方針─”. 日本音響学会講演論文集, pp. 585-586, 3 2007.
  74. 榎本成悟, 中村哲, 伊勢史郎. “局所化技術を応用した指向性スピーカシステムの試作と評価”. 電子情報通信学会技術報告 EA2006-112, pp. 17-22, 3 2007.
  75. 吉田治美, 伊勢史郎. “有意味性騒音が知的作業に与える影響の定量評価の試み”. 日本音響学会講演論文集, pp. 389-390, 3 2007.
  76. 永山友也, 伊勢史郎. “身体運動により生じる視聴覚刺激が奥行き感に及ぼす影響の実験的検討”. 日本音響学会講演論文集, pp. 407-408, 3 2007.
  77. 金慎也, 仲島崇博, 伊勢史郎. “アクティブノイズリフレクションユニット(ANRU)の提案と実験的検討”. 日本音響学会講演論文集, pp. 625-626, 3 2007.
  78. 上野佳奈子, 土屋はるひ, 伊勢史郎, 大谷真. “音の定位と探索における学習に関する研究”. 日本音響学会聴覚研究会資料 H-2006-115, 第36-7巻, pp. 645-650, 10 2006.
  79. 大谷真, 平原達也, 伊勢史郎. “線音源/面音源による頭部伝達関数の高速計算法の検討”. 日本音響学会講演論文集, pp. 475-476, 9 2006.
  80. 伊勢史郎. “最新のDSPを用いた低コストANCシステムの開発とその性能の検討”. 日本音響学会講演論文集, pp. 513-514, 9 2006.
  81. 榎本成悟, 中村哲, 伊勢史郎. “再生範囲の局所化を境界音場制御の原理により実現するスピーカシステム”. 日本音響学会講演論文集, pp. 533-534, 3 2006.
  82. 大谷真, 伊勢史郎. “音源位置の変化に追随可能なBEMによる空間の伝達特性計算システム”. 日本音響学会講演論文集, pp. 1245-1246, 3 2006.
  83. 土屋はるひ, 永井聡之, 大谷真, 伊勢史郎, 上野佳奈子. “仮想聴空間システムを用いた頭部伝達関数の性能評価に関する研究”. 日本音響学会講演論文集, pp. 437-438, 3 2006.
  84. 永井聡之, 土屋はるひ, 大谷真, 伊勢史郎, 上野佳奈子. “音源探索と音像定位の技能の独立性に関する研究”. 日本音響学会講演論文集, pp. 435-436, 3 2006.
  85. 大谷真, 伊勢史郎, 上野佳奈子. “仮想聴空間における音源探索の学習に自発的な動きが及ぼす影響”. 日本音響学会講演論文集, pp. 471-472, 9 2005.
  86. 大谷真, 伊勢史郎. “仮想聴空間における音像定位の学習効果とその定量化の試み”. 日本音響学会講演論文集, pp. 559-560, 3 2005.
  87. 杉本明子, 中村隆宏, 伊勢史郎. “会話のしやすさとプライバシーを考慮した音場を生成するsound shading systemの評価”. 日本音響学会講演論文集, pp. 817-818, 3 2005.
  88. 永井聡之, 永山友也, 伊勢史郎, 上野佳奈子. “音の方向定位における学習過程に関する実験的検討”. 日本音響学会講演論文集, pp. 675-676, 3 2005.
  89. 服部暢彦, 伊勢史郎. “同時性判断に与える聴覚刺激と身体感覚の影響”. 日本音響学会講演論文集, pp. 669-670, 3 2005.
  90. 仲島崇博, 伊勢史郎. “開口部において騒音を反射する能動制御 -無響室・残響室での実 験的検討-”. 日本音響学会講演論文集, pp. 599-600, 9 2004.
  91. 大谷真, 伊勢史郎. “室内音響特性を考慮した頭部伝達関数の数値解析手法の提案”. 日本音響学会講演論文集, pp. 955-956, 9 2004.
  92. 仲島崇博, 伊勢史郎. “アクティブ防音塀の二次音源出力と遠距離場での制御効果の関係”. 日本騒音制御工学会研究発表会講演論文集, pp. 101-104, 4 2004.
  93. 中原佑子, 永井聡之, 伊勢史郎, 上野佳奈子. “記憶と身体性を考慮した音環境認知のモデル化に関する研究”. 日本音響学会講演論文集, pp. 851-852, 3 2004.
  94. 榎本成悟, 伊勢史郎. “境界音場制御の原理と相反則を用いた近傍の音だけを収音するマイクロホンシステムの提案と実験的検討”. 日本音響学会講演論文集, pp. 591-592, 3 2004.
  95. 大谷真, 伊勢史郎. “境界要素法の時間領域演算を利用したHRTFの超高速計算システム”. 日本音響学会講演論文集, pp. 565-566, 3 2004.
  96. 岡田耕介, 川口孝幸, 伊勢史郎. “コンパクトな没入型聴覚ディスプレイの試作と評価”. 日本音響学会講演論文集, pp. 557-558, 3 2004.
  97. 仲島崇博, 伊勢史郎. “遠距離場において騒音を低減するアクティブ遮音壁”. 日本音響学会講演論文集, pp. 823-824, 9 2003.
  98. 伊勢史郎. “社会音響学の試み(招待講演)”. 日本音響学会講演論文集, pp. 1057-1060, 3 2003.
  99. 水田真人, 角田哲也, 大谷真, 伊勢史郎. “HRTFを用いたバーチャル鬼ごっこシステム”. 日本音響学会講演論文集, pp. 745-746, 3 2003.
  100. 榎本成悟, 伊勢史郎. “境界音場制御の原理を応用した指向性スピーカアレイの提案”. 日本音響学会講演論文集, pp. 627-628, 3 2003.
  101. 服部暢彦, 伊勢史郎. “周期的なリブ壁面により知覚されるスウィープ音について“. 日本音響学会講演論文集, pp. 1005-1006, 3 2003.
  102. 吉田信二, 中原佑子, 伊勢史郎, 上野佳奈子. “「場の共有感」における音の心理的作用に関する研究“. 日本音響学会講演論文集, pp. 911-912, 9 2002.
  103. 仲島崇博, 伊勢史郎. “開口部において騒音を反射するアクティブ制御の実験的検討”. 日本音響学会講演論文集, pp. 941-942, 9 2002.
  104. 榎本成悟, 伊勢史郎. “音場の局所的再生システムの実験的検討”. 日本音響学会講演論文集, pp. 567-568, 9 2002.
  105. 大谷真, 伊勢史郎. “境界要素法により求めた頭部伝達関数の妥当性及び計算の高速化に関する検討”. 日本音響学会講演論文集, pp. 585-586, 9 2002.
  106. 伊勢史郎. “音場の解析と制御”. 第4回創造的研究のための大規模データマネージメントシンポジウム論文集, pp. 23-26, 9 2002.
  107. 仲島崇博, 伊勢史郎. “マルチカスケード型接続の問題点を改良したANCシステムの試作”. 日本音響学会講演論文集, pp. 649-650, 3 2002.
  108. 中尾修平, 伊勢史郎. “膜とピエゾ素子を用いた平面波生成に関する研究”. 日本音響学会講演論文集, pp. 907-908, 3 2002.
  109. 榎本成悟, 伊勢史郎. “多重極展開を用いた近傍の音だけを収音するマイクロホンシステムの試作”. 日本音響学会講演論文集, pp. 625-626, 3 2002.
  110. 高山泉, 吉田信二, 伊勢史郎. “室内音場の聴感評価に対する記号学の導入の試み”. 日本音響学会講演論文集, pp. 995-996, 10 2001.
  111. 榎本成悟, 伊勢史郎. “急峻な距離減水特性を持つ適応型マイクロホンアレーの提案と実験的検討”. 日本音響学会講演論文集, pp. 611-612, 10 2001.
  112. 大谷真, 伊勢史郎. “境界要素法により求めた頭部伝達関数の聴感実験による検討”. 日本音響学会講演論文集, pp. 595-596, 10 2001.
  113. 仲島崇博, 伊勢史郎. “広い開口部から漏れる騒音の能動制御に関する実験的検討”. 日本音響学会講演論文集, pp. 903-904, 10 2001.
  114. 伊藤哲史, 伊勢史郎, 石田英実. “頭部伝達関数における耳介の寄与に関する研究”. 電子情報通信学会技術報告 SP 2000-157, pp. 29-36, 3 2001.
  115. 榎本成悟, 伊勢史郎. “多重極展開を用いた急峻な距離減衰特性を持つマイクロホンシステムの実験的検討”. 日本音響学会講演論文集, pp. 507-508, 3 2001.
  116. 中尾修平, 高山泉, 仲島崇博, 伊勢史郎. “膜とピエゾ素子を用いた軽量・薄型の電気音響トランスデューサーに関する研究”. 日本音響学会講演論文集, pp. 511-512, 3 2001.
  117. 奥村啓, 伊勢史郎. “冗長なフィルタ係数をもつ多チャンネル適応フィルタの収束に関する理論的検討”. 日本音響学会講演論文集, pp. 409-410, 9 2000.
  118. 仲島崇博, 伊勢史郎. “壁を透過する騒音に対するピエゾ素子を用いたアクティブ制御の実験的検討”. 日本音響学会講演論文集, pp. 683-684, 9 2000.
  119. 渡部眞徳, 高野靖, 高津恭, 寺坂英俊, 伊勢史郎. “ジェットファン騒音に対するアクティブノイズコントロールの検討”. 日本機械学会第10回環境工学総合シンポジウム, pp. 45-48, 7 2000.
  120. 大谷真, 伊勢史郎. “境界要素法を用いた頭部伝達関数の予測”. 日本音響学会講演論文集, pp. 727-728, 3 2000.
  121. 仲島崇博, 伊勢史郎. “多点アクティブノイズコントロールにおけるquietzoneの推定式の一般化”. 日本音響学会講演論文集, pp. 763-764, 3 2000.
  122. 渡部眞徳, 高野靖, 高津恭, 寺坂英俊, 伊勢史郎. “ジェットファン騒音に対するアクティブノイズコントロールの基礎的検討”. 日本音響学会講演論文集, pp. 651-652, 3 2000.
  123. 神沼充伸, 伊勢史郎, 鹿野清宏. “受聴者の頭部の動きを考慮したトランスオーラルシステムの検討”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 525-526, 3 2000.
  124. 神沼充伸, 伊勢史郎, 鹿野清宏. “受聴者の頭部周辺制御を目的とした音場再現システムのための逆フィルタの検討”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 605-606, 10 1999.
  125. 奥村啓, 伊勢史郎. “最小ノルム解へ収束する多チャンネル適応フィルタについて”. 日本音響学会講演論文集, pp. 483-484, 10 1999.
  126. 榎本成悟, 鹿野清宏, 伊勢史郎. “多重極展開を用いた急峻な距離減衰特性を持つマイクロホンシステムの数値計算による検討”. 電子情報通信学会技術報告 EA99-51, pp. 25-32, 9 1999.
  127. 神沼充伸, 伊勢史郎, 鹿野清宏. “最小ノルム解を利用したマルチチャンネル音場再現システムにおける逆フィルタの性質”. 電子情報通信学会技術報告 EA99-13, pp. 17-24, 5 1999.
  128. 前田竜作, 鹿野清宏, 伊勢史郎. “ダクトのANCにおける多チャンネル化の効果に関する実験的検討”. 日本音響学会講演論文集, pp. 509-510, 3 1999.
  129. 榎本成悟, 鹿野清宏, 伊勢史郎. “多重極展開を用いた急峻な距離減衰特性を持つマイクロホンシステムの提案”. 日本音響学会講演論文集, pp. 495-496, 3 1999.
  130. 永松英夫, 伊勢史郎, 鹿野清宏. “境界要素法を用いたアクティブ防音塀の設計手法に関する基礎的検討”. 建築音響研究会資料 AA98-68, pp. 23-29, 1998.
  131. 永松英夫, 伊勢史郎, 鹿野清宏. “境界音場制御の原理に基づいたアクティブ防音塀の基礎的検討”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 939-940, 9 1998.
  132. 神沼充伸, 伊勢史郎, 鹿野清宏. “最小ノルム解を利用した逆フィルタ設計のトランスオーラルシステムへの応用”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 495-496, 9 1998.
  133. 伊勢史郎, 鹿野清宏. “境界要素法によるアクティブ騒音制御におけるエネルギーの流れの動的可視化”. 建築音響研究会資料, pp. 1-6, 1998.
    AA98-5.
  134. 伊勢史郎. “境界音場制御の原理に基づいた音場の局所的強調/抽出”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 465-466, 3 1998.
  135. 本田和正, 伊勢史郎, 鹿野清宏. “離散直交変換を利用した三次元音場符号化の実験的検討”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 601-602, 3 1998.
  136. 錦戸信和, 伊勢史郎, 鹿野清宏. “境界音場制御の原理に基づく多チャンネル音場再現システムの実験的検討”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 467-468, 3 1998.
  137. 山本泰宜, 伊勢史郎, 鹿野清宏. “大規模音場再現システムにおける多点逆フィルタの計算方法”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 481-482, 9 1996.
  138. 中村好二, 伊勢史郎, 鹿野清宏. “直交変換を利用した3次元音場の高能率符号化”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 597-598, 9 1996.
  139. 伊勢史郎, 中村好二, 鹿野清宏. “最小ノルム解を用いた音場の局所的強調 -受音系に関する検討-”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 525-526, 9 1996.
  140. 伊勢史郎. “マルチカスケード型アクティブ騒音制御装置の開発とその効果”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 497-498, 3 1996.
  141. 渡辺真太郎, 伊勢史郎, 鹿野清宏. “ウェーブレット解析による模型実験におけるインパルス応答の補正”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 847-848, 3 1996.
  142. 渡辺真太郎, 伊勢史郎, 鹿野清宏. “ウェーブレット解析によるフラッターエコーの検出”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 845-846, 3 1996.
  143. 田中康治, 伊勢史郎, 鹿野清宏. “最小ノルム解を用いたマルチチャンネル音場制御による局所的な音場の強調”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 507-508, 3 1996.
  144. 田中康治, 伊勢史郎, 鹿野清宏. “時空間的相関を利用した音場の高能率符号化”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 591-592, 3 1996.
  145. 赤木伸行, 伊勢史郎, 鹿野清宏. “ダクト内における複数の二次音源によるアクティブ制御”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 493-494, 3 1996.
  146. 伊勢史郎. “マルチチャンネル信号処理に基づく音場制御のための基礎理論”. 電子通信学会技術報告(IEICE), 第SP95-63巻, pp. 7-12, 10 1995.
  147. 伊勢史郎. “境界音圧・粒子速度制御における境界上の誤差と制御精度の関係”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 815-816, 9 1995.
  148. 赤木伸行, 伊勢史郎, 鹿野清宏. “音響インピーダンス制御によるダクト内騒音の高次モードを考慮したアクティブ制御”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 559-560, 9 1995.
  149. 大石裕之, 伊勢史郎, 矢野博夫, 橘秀樹, 吉田公夫, 青柳昌佳. “工事建屋等の閉空間におけるANCの適用可能性に関する実験的検討;”. 日本建築学会講演梗概集, pp. 229-230, 8 1995.
  150. 矢島吉紀, 渡辺直樹, 伊勢史郎, 矢野博夫, 橘秀樹. “アクティブ制御を用いた開口部からの音響透過の制御(音源の放射パワーの変化に関する実験的検討)”. 日本建築学会講演梗概集, pp. 227-228, 8 1995.
  151. 渡辺直樹, 矢島吉紀, 伊勢史郎, 矢野博夫, 橘秀樹. “窓からの透過音に対するアクティブ制御の適用”. 日本建築学会講演梗概集, pp. 225-226, 8 1995.
  152. 田中康治, 伊勢史郎, 鹿野清宏. “境界制御による音場再現における参照マイクロホンの配置と精度の関係”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 551-552, 3 1995.
  153. 伊勢史郎. “音場制御におけるマルチチャンネル適応アルゴリズムの分散・並列処理とその利点”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 591-592, 10 1994.
  154. 矢島吉紀, 伊勢史郎, 矢野博夫, 橘秀樹, 大塚栄一, 青柳昌佳. “換気ダクトシステムに対するアクティブノイズコントロールの適用 -模型実験による検討-”. 日本建築学会講演梗概集, pp. 1567-1568, 9 1994.
  155. 白石吾朗, 鮫島俊哉, 伊勢史郎, 山崎芳男, 松村宏之. “キルヒホッフの積分公式に基づいた頭部周辺の音場制御”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 465-466, 3 1994.
  156. 鮫島俊哉, 伊勢史郎, 工藤修二, 山崎芳男, 山本貴紀, 小沢仁. “数値計算による拡声系を持つ室内の音響設計”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 839-840, 3 1994.
  157. 鈴木英祐, 伊勢史郎, 山崎芳男, 白井克彦, 大川平一郎. “騒音源の寄与評価への適応フィルタの応用”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 751-752, 3 1994.
  158. 伊勢史郎, 鮫島俊哉, 山崎芳男. “エネルギーの流れを制御するアクティブノイズコントロールのシステム構成”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 783-784, 3 1994.
  159. 伊勢史郎, 鮫島俊哉, 山崎芳男. “キルヒホッフ積分公式に基づく音場制御とその応用”. 建築音響研究会資料, pp. -, 1994.
    AA94-5.
  160. 伊勢史郎. “広範囲の音場再現についての研究(2) -多チャンネルステレオフォニクス-”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 481-482, 10 1993.
  161. 伊勢史郎. “広範囲の音場再現についての研究(1) -キルヒホッフの積分公式に基づいて-”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 479-480, 10 1993.
  162. 伊勢史郎, 橘秀樹. “音場制御理論の比較”. 電子情報通信学会技術報告, pp. 55-60, 6 1993.
    EA93-26.
  163. 伊勢史郎, 橘秀樹. “エネルギーを視点としたアクティブ制御の分類”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 689-690, 1993.
  164. 坂本慎一, 伊勢史郎, 橘秀樹. “境界要素法によるアクティブモード制御の解析”. 建築音響研究会資料, pp. 1-8, 1992.
    AA92-26.
  165. 坂本慎一, 伊勢史郎, 橘秀樹. “境界要素法によるアクティブモード制御の解析 -その2.数値計算および実験的検討-”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 787-788, 3 1992.
  166. 伊勢史郎, 坂本慎一, 橘秀樹. “境界要素法によるアクティブモード制御の解析-その1.理論的検討-”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 785-786, 3 1992.
  167. 伊勢史郎, 橘秀樹. “音響インテンシティに着目した騒音のアクティブ制御に関する検討”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 521-522, 3 1992.
  168. 坂本慎一, 伊勢史郎, 橘秀樹. “積分方程式によるアクティブモード制御の解析- その2.数値計算および実験的検討-”. 日本建築学会講演梗概集, pp. 185-186, 8 1992.
  169. 伊勢史郎, 坂本慎一, 橘秀樹. “積分方程式によるアクティブモード制御の解析-その1.理論的検討-”. 日本建築学会講演梗概集, pp. 183-184, 8 1992.
  170. 伊勢史郎, 金泳完, 矢野博夫, 橘秀樹. “配管系におけるアクティブ振動・騒音制御”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 771-772, 10 1991.
  171. 金泳完, 伊勢史郎, 矢野博夫, 橘秀樹. “配管系におけるアクティブ振動制御の試み”. 日本建築学会大会学術講演梗概集, pp. 427-428, 9 1991.
  172. 伊勢史郎, 矢野博夫, 橘秀樹. “3次元音場における適応型モード制御の実験的検討”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 485-486, 3 1991.
  173. 岩本毅, 伊勢史郎, 橘秀樹. “音響模型実験における空気吸収の影響の補正について”. 日本建築学会大会学術講演梗概集, pp. 279-280, 10 1990.
  174. 伊勢史郎, 矢野博夫, 橘秀樹. “適応アクティブ制御を用いた音響無反射端”. 日本建築学会大会学術講演梗概集, pp. 395-396, 10 1990.
  175. 伊勢史郎, 矢野博夫, 橘秀樹. “壁の透過音に対するアクティブ制御の実験的検討”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 657-658, 10 1990.
  176. 石渡智秋, 岩本毅, 買手正浩, 伊勢史郎, 橘秀樹. “1/10縮尺模型実験による室内音場シミュレーションについて”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 697-698, 10 1989.
  177. 山崎芳男, 高林和彦, 橘秀樹, 矢野博夫, 買手正浩, 伊勢史郎, 森本政之. “ヨーロッパのホールの音響に関する第2次調査 -その2.近接4点法とウィグナー分布による測定結果-”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 611-612, 3 1989.
  178. 橘秀樹, 矢野博夫, 買手正浩, 伊勢史郎, 山崎芳男, 高林和彦, 森本政之. “ヨーロッパのホールの音響に関する第2次調査 -その1.通常法による測定結果-”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 611-612, 3 1989.
  179. 岩本毅, 石渡智秋, 伊勢史郎, 買手正浩, 橘秀樹, 山崎芳男. “音響模型実験における空気吸収の補正について”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 695-696, 10 1989.
  180. 伊勢史郎, 金井昇弘, 矢野博夫, 橘秀樹. “塀の遮音に対するアクティブ制御の試み”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 593-594, 10 1989.
  181. 伊勢史郎, 金井昇弘, 矢野博夫, 橘秀樹. “塀の遮音に対するアクティブ制御の試み”. 日本騒音制御工学会講演論文集, pp. 77-80, 9 1989.
  182. 伊勢史郎, 橘秀樹, 山崎芳男, 伊藤毅. “室内音場のインパルス応答の減衰形状に関する一考察”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 607-608, 3 1989.
  183. 山崎芳男, 清山信正, 高林和彦, 伊藤毅, 伊勢史郎. “近接4点法による室内音場の時間・空間情報の把握”. 建築音響研究会資料 AA88, pp. 13-1, 1988.
  184. 清山信正, 山崎芳男, 伊藤毅, 橘秀樹, 伊勢史郎, 前川純一, 森本政之, 平沢佳男. “仮想音源分布に基づく音場の比較再生システム”. 建築音響研究会資料 AA88, pp. 9-1, 1988.
  185. 伊勢史郎, 矢野博夫, 橘秀樹, 山崎芳男, 伊藤毅. “室内音場のシステムモデリング -モデルの妥当性の検討-”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 669-670, 10 1988.
  186. 伊勢史郎, 高林和彦, 清山信正, 山崎芳男, 伊藤毅. “分析・合成処理による雑音と信号の分離”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 397-398, 10 1988.
  187. 伊勢史郎, 清山信正, 高林和彦, 山崎芳男, 伊藤毅. “相互相関関数とmemによる音場のシステム同定”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 381-382, 3 1988.
  188. 清山信正, 鈴木大介, 村田清孝, 伊勢史郎, 山崎芳男, 伊藤毅. “近接4点法へのインテンシティの適用”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. -, 10 1987.
  189. 山崎芳男, 金充起, 吉川浩史, 新解雅也, 清山信正, 伊勢史郎, 榎田葉子, 伊藤毅. “近接4点法とウィグナー分布によるコンサートホールの解析”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. -, 10 1987.
  190. 伊勢史郎, 高林和彦, 中村聡延, 山崎芳男, 伊藤毅. “近接4点法における適応型処理による反射音抽出”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 551-552, 1 1987.
  191. 伊勢史郎, 清山信正, 岡田利一, 山崎芳男, 伊藤毅. “近接4点法による音場の過渡状態の把握”. 電気音響研究会資料 EA87, pp. 25-32, 1987.
  192. 清山信正, 伊勢史郎, 岡田利一, 山崎芳男, 伊藤毅. “近接4点法により得られた仮想音源の展開 -2点間相互相関関数の計算-”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 573-574, 3 1987.
  193. 伊勢史郎, 清山信正, 岡田利一, 山崎芳男, 伊藤毅. “近接4点法により得られた仮想音源の展開 -音場の過渡状態の把握-”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 571-572, 3 1987.
  194. 山崎芳男, 伊勢史郎, 清山信正, 伊藤毅. “近接4点法による音場の相関関数の計測”. 日本音響学会研究発表会講演論文集, pp. 659-660, 1 1986.
  195. 柳川博文, 伊勢史郎, 清山信正, 山崎芳男, 伊藤毅. “室内残響音の相互相関関数”. 建築音響研究会資料, pp. 1-8, 1986. AA86-38.

解説

  1. 池田雄介, 伊勢史郎. “複数の演奏空間をネットワーク接続する「音響樽」の実現”. 計測と制御, Vol. 51, pp. 1110-1115, 12 2012.
  2. 伊勢史郎. “境界音場制御”. 音響学会誌, Vol. 67, pp. 532-537, 11 2011.
  3. 伊勢史郎. “自己ミーム”. Traverse, Vol. 11, pp. 77-82, 12 2010.
  4. 伊勢史郎. “知の場の理論”. Traverse, Vol. 10, pp. 81-86, 11 2009.
  5. 伊勢史郎. “身体のリアリティ”. Traverse, Vol. 9, pp. 45-53, 11 2008.
  6. 伊勢史郎. “音と身体”. Traverse, Vol. 7, pp. 21-25, 9 2006.
  7. 大谷真, 伊勢史郎. “頭部伝達関数の数値解析とその応用”. 音響学会誌, Vol. 61, No. 7, pp. 404-409, 2005.
  8. 伊勢史郎. “音のなんでも相談室 アクティブ騒音制御の原理”. 音響技術, Vol. 32, No. 3, pp. 6-7, 9 2003.
  9. 伊勢史郎. “境界音場制御の原理のアクティブ騒音制御への応用”. 騒音制御, Vol. 27, No. 4, pp. 263-266, 8 2003.
  10. 伊勢史郎. “建築ソフトのフロンティア 音響系ソフトウェア. 建築雑誌, Vol. 118, No. 1508, pp. 4-5, 8 2003.
  11. 伊勢史郎. “境界音場制御の原理のアクティブ騒音制御への応用”. 音響学会誌, Vol. 59, No. 7, pp. 414-419, 2003.
  12. 伊勢史郎. “ミームは快楽主義”. Traverse, Vol. 3, pp. 57-67, 10 2002.
  13. 伊勢史郎. “音場制御におけるコンピュータシミュレーションの応用”. 音響学会誌, Vol. 57, No. 7, pp. 457-462, 2001.
  14. 伊勢史郎. “波動理論とシステム理論を組み合わせた新しい音場制御”. システム制御情報学会, Vol. 43, No. 2, pp. 65-70, 1999.
  15. 伊勢史郎. “アクティブノイズコントロール -音のカウンターパンチ-”. 建築雑誌, p. 59, 1996.
  16. 伊勢史郎. “適応フィルタ実装のためのハードウェア・ソフトウェア技術”. 音響学会誌, Vol. 48, No. 7, pp. 501-505, 1992.
  17. 橘秀樹, 伊勢史郎. “建築音響におけるアクティブ制御の応用”. 電気学会論文誌D, Vol. 111, No. 10, pp. 823-825, 1991.
  18. 伊勢史郎, 橘秀樹. “建築音響におけるアクティブノイズコントロール”. 音響技術, Vol. 76, pp. 7-12, 12 1991.

新聞記事

  1. “原音を忠実に再現、余計な味付けをしないスピーカ”. EETIMES Japan, pp. 26-27, 5 2009.
  2. “原音を忠実に再生する技術”. 電波新聞, p. 4, 2009/3/18.
  3. “新再生技術で忠実に原音再現”. 電気新聞, p. 4, 2009/3/17.
  4. “楽器原音 忠実に再生 不要な音減らす技術開発”. 日刊工業新聞, p. 9, 2009/3/17.
  5. “ノイズ打ち消し「原音再生」補助スピーカー駆使”. 日経産業新聞, p. 5, 2009/3/17.
  6. “空間に他者の存在を感じながら自分の思いを伝えるために必要なこと”. 季刊エニウェア, Vol. 13, pp. 7-8, 2008/1.
  7. “”息遣い”まで再現する音響技術、atrと京大が開発”. ITmedia, 2007/10/26.
  8. “音の位置再現あるがまま”. 京都新聞, p. 1, 2007/10/26.
  9. “会話の意味隠すパーティション”. 相模経済新聞, p. 1, 2005/4/20.
  10. “「社会音響学」の試み”. 読売新聞(夕刊), p. 5, 2003/4/2.
  11. “「音の洪水」防ぐ制御技術”. 日本経済新聞, p. 26, 2002/12/15.

ページのトップへ戻る